食べる順番を変えるダイエット

食事の食べ方を気を付ける事で、ダイエットになる方法があります。
順番として、食物繊維豊富な野菜を食べ、次にたんぱく質のものを食べます。
最後に炭水化物を食べます。
なぜ、この順が良いのかというと、食事をとった事による血糖値の急上昇を防ぐ事ができるからです。
食事の最初に野菜から食べますが、ここでも注意が必要です。
野菜の中でも、低GIの食品から食べます。
GIの高い野菜は、じゃがいもやカボチャなどです。
葉物野菜は低いものが多いので、まず葉物野菜などを食べるようにして下さい。
海藻も低GIなので、一緒に食べるのも良いでしょう。
最後の炭水化物を食べる時には、野菜のおかげで満腹感が出てあまり食べなくてもよくなり食べ過ぎ防止にも良いのです。
このダイエット方法をする時に、食べる順番だけ変えるだけでは効果を感じにくい場合があります。
やはり痩せる基本は摂取カロリーと、消費カロリーのバランスです。
食べ過ぎるとやはり痩せる事はできませんので、食事の量を調節した方が痩せやすくなります。
最初の野菜を多めにし、満腹感をキープしながら、最後の炭水化物の量を減らすとより効果が感じやすくなります。
より効率的に痩せたいというのであれば、運動を取り入れてみます。
運動も激しいものでなく、気軽なウォーキングでも十分効果があります。
一日30分でも、毎日続ければ脂肪燃焼をしてくれますので、より効率よく痩せたいという方はぜひ試してみて下さい。
ウォーキングが、慣れてくるとジョギングに切り変える方もいます。
そうしますと、体が絞る事ができ、見た目もよくなります。